低金利キャッシングの一覧はこちら!

30歳の会社員、できちゃった結婚が理由で20万円を借りました。

当時カードローンに手を出したのは結婚して30歳になり、転職活動に明け暮れていた日の事です。

僕は29歳の頃に結婚して、妻の妊娠が発覚した時に今のままの仕事では収入が足りなくなり破綻すると感じて転職活動をしていました。

当時務めていた会社は残業代なし、寸志もボーナスもなしでサービス残業や休日出勤が横行している広告代理店でいわゆる「ブラック企業」というやつでした。

そこで毎日チラシやポスターなどのデザインを手がけていたのですが、その頃に今の妻と出会い付き合っていました。

毎月の収入は10万円代後半、上にも書いたようにボーナスや残業代なども出ないので毎月やりくりしながら彼女とのデート代などを騙し騙しやりくりしていました。

しかし彼女の妊娠が発覚して、結婚する決意をしたので今のままの会社の給料ではやっていけないと明らかにわかったので転職をすることに。

在職しながらの転職活動で大変でしたが無事に転職をすることができました。

いわゆる「できちゃった結婚」というやつで散財が癖になっていた僕は貯金も無かったです。

なので勢いで転職をした時に給料の支払日の関係で給料が1ヶ月ほどずれ込む形になりました。

毎月ギリギリで生きていて、貯金もないような状態だったので妊娠の妻を抱えたまま無収入の1ヶ月を迎えることになりました。

その時の給料は10万円台後半でしたので、どうしても20万ほどは必要でした。

借りられる友人や家族も居なかったので「これはマズイ…」と思いネットで何か良い方法は無いかと色々と検索したところ、楽天のカードローンならすぐに借りれて月々の返済も少額で済むとの事でした。

もうこれに手を出すしか無い、そう思い電話で楽天カードローンの審査をして数日で20万円を手に入れることが出来ました。

毎月の返済も意外と少額で済むので、月々の支出を抑えつつ毎月返済していき今は借金はもうありません。

僕がこの件で学んだのは「人生何が起こるか分からないから、自分のお金の管理をしっかりしなければいけない」と思ったことです。

人生、何が起こるかは分かりません。急な出費も必要になることでしょう。

その時に毎月少額でも良いから貯金をして対策をしておくこと。

もしお金が足りないなら今回の僕のように毎月の返済額2000円ぐらいで20万円も借りれることが出来るので、お金に困っててどうしても他に方法がない人は一度調べてみてください。

このページの先頭へ