低金利キャッシングの一覧はこちら!

23才の妊娠中に、夫の隠していた借金が発覚!借金返済で過労生活。

私は30代後半で、3人の子持ちです。今回は、23才の頃に夫に隠されていた借金を返済していた時の話をしたいと思います。

私は23才の時に、恥ずかしながらできちゃった婚をしました。彼との交際期間が半年間しかなかったので早すぎるとは思ったのですが、彼のことが好きではありましたし、子供を産みたい事、なにより彼が好きだったので結婚を決意しました。

「何があっても2人で頑張れば何とかなる!」

そう2人で決意をして結婚したのを覚えています。しかし、この考えが本当に甘かったと心から思う出来事がありました……。

妊娠8ヶ月目に入ったころです。見慣れない会社の手紙が届きました。手紙の内容は、なんと督促状で、金額は30万円。

外出中の彼に聞こうと電話やメールをしても全く連絡が来ません。何時間も待ちましたが連絡がないため、「親に相談する」と伝え、やっと帰ってきました。

彼によると、結婚前に作った借金だったため私に言えなかったとのこと。

「急な結婚と妊娠だったから、言えなかったのも無理はないか……」

そう思い、私の貯金から借金を返済。妊娠中でしたし、先の事を考えると貯金は崩したくなかったです。しかし、彼は他に借金は無いと言うため、今回のみならと思い、私の独身時代の貯蓄から支払いました。

それから、出産をして3ヶ月が経った時です。また、彼の借金が発覚したのです!彼に聞くと「独身時代の借金。2つもあるなんて言えなかった」と言います。しかも、ずっと返済をしていなかったため、早急に返済するようにと督促状に書かれています。

「前回の借金で貯金を使ったのと、急な結婚と出産でお金がかかったから貯金が無い」

今度こそ、本当にもう借金は無いという彼の言葉を信じ、仕方がなく私名義で30万円をカードで借りました。このような状態なので、親に借りるという手もあったと思います。しかし、親に猛反対をされての彼との結婚だったため、親に借金の相談をすることはできないと思ったのです。金融機関でお金を借りたのは、これが初めてでした。

貯蓄もない状態で、借金の返済もしなくてはなりません。初産で産後3ヶ月という状態でしたが、私は仕事に復帰することにしました。しかし、仕事がハードで毎月のように高熱を出したりと体調を崩すようになりました。生活費もギリギリで、節約の日々。子供は乳幼児のため、ミルクやオムツにお金がかかります。しかも急な仕事復帰のため、無認可保育園にしか入ることができず、保育料も高額な支払いでした。

過労で身体状態が良くないため、内科での入院をすすめられました。しかし、入院をするお金はありません。ローンの返済は月々していましたが、なかなか返済が終わらないため焦りもありました。

もっと考えて借りればよかった、親に相談すればよかった、休みたい、もう払いたくない……。2人で頑張ると決意したのに、彼は家事や育児にほとんど協力をしません。しかも、私と顔を合わせるたびに嫌な顔をするようになり、夫婦で口論をするようになりました。

ローンから2年後、私名義で借りた借金が、もう少しで完済できる状態までなった時です。彼の3回目の借金が発覚しました。また独身時代の借金といいますが、もう信じる気になりませんでした。なぜなら時折、お金もほとんど持っていないのに友達のおごりだと言って飲みに行ったり、貰い物と言って高額な物を持っていたりしたからです。

あまりに呆れてしまい、子供を連れて離婚をしました。離婚をして残ったものは、返済中の借金と子供だけでした。

まとめ

離婚後になりましたが、借金はその後すぐに返済をすることができました。この時の経験から思ったことは、人の代わりに借金をしないことです。また、結婚をする時は、結婚相手のお金の使い方を見極める事です。特に出産直後など、大変な状態での借金はするべきではありません。

相手を信じていたとはいえ、身体的にも精神的にも返済はとても辛かったです。やはり、借金をするのであれば、計画的にしなければならないと反省しています。

関連記事

このページの先頭へ